デトックス効果!!足裏樹液シートの3つの仕組み説

ヨガによるデトックス効果

 

デトックス(detox)は、身体内に溜まった有害な毒物を体外へ排出することです。元々は、解毒を意味するdetoxificationで、短縮してdetoxと呼んでいます。
一般的に、デトックスは、肝臓や腎臓等の臓器で行われ、尿や便、汗となって体外に排出します。
私たちは昔の人に比べて、色んな化学物質等の害のある物質を加工食品や大気汚染で身体に入れてしまっていますよね。言うまでもなく、デトックスはかなり重要です。

 

食べ物には、すごく神経を使いませんか?
有機野菜や果物、サプリやミネラルウォーターを選ぶ等必要以上に神経を使っていませんか?

 

私たちは、どんなものを吸収するかに関心があります。でも、どんなものを排出するかについては、興味を持たない人が多いです。

 

足裏樹液シートは、数十年前に登場したとき、それなりのブームになり、いろんなところで足裏樹液シートが売っていました。
一旦、ブームが去りましたが、また再ブレイクの予感がしますし、その兆しもあります。

 

では、足裏樹液シートは、何ものでしょうか?

主に殺菌効果、消臭効果がある木酢液を乾燥させたものを使います。
木酢液とは、炭を焼く時に出る煙が冷えて液体になったものの上澄みのことです。

 

ボタニリッチでは、化粧品等でも使用されているウッドビネガー(精製木酢液)を使います。木酢液と意味的にはほとんど同じです。

論より証拠

樹液シートを夜寝る前に足裏やふくらはぎに貼ると、朝起きたときに老廃物がベトベトになるくらい吸収され、シートが茶色に変色します。とてもすっきりして爽やかな気分になります。
風呂場でシャワーで洗い流す必要があって、面倒ですがそれだけ効果があるようです。
使用後のシートを見ただけで、老廃物が出たような気持ちになって足が軽くなりますね。

 

この仕組みやメカニズムを正確に詳しく説明しているサイトや資料を探しましたが、見つけられませんでした。結構、みんな好き勝手な理論を展開しています
デトックス効果がないとか、あるとか。はてはインチキだとか。

 

 

仕組み説その1

樹木には、大地から水を吸い上げる力があります。吸水力を樹液シートは持っていて、ツボが密集している足裏から吸い出しています。

 

老廃物は、ふくらはぎや足裏にたまりやすいので、足裏樹液シートを使うことで排出しています。

 

 

仕組み説その2

「どろどろ」の正体は汗で、一般的な老廃物の成分であるアンモニア、尿酸・乳酸・炭酸・リン酸・水素イオン等とは異なります。

 

小麦粉のシートを貼っても同じようにどろどろになります(←実際に、小麦粉のシートを貼って確認した人もいるらしいけど、樹液シートのようにどろどろにはならなかったそうですので、この説は怪しいです。また実際に使ってみるとわかりますが、貼った日によってベトベトどろどろ感が違います)。

 

 

仕組み説その3

プラシーボ効果です。
足裏樹液シートの茶色い「べとべと」を見せて、いかにも効果があるように信じこませます。それによって、すっきりした気持ちになります。

 

 

以上、色々な説がありますね。
実際に疲れが取れているかいないかは使った本人が一番知っています。

 

 

ちなみにボタニリッチは、普通の樹液シートと異なります。
従来の樹液シートにプラスして、磁石の力を使ってより血行をよくしています。

 

 

まとめ

論より証拠

論より証拠だと思います。
実際、使ってみて疲れが取れるのでしたら、継続して使用する価値はあると思います。

 

少なくとも「ボタニリッチ」は、認証を取得するために効果を証明するデータを取っています。5千円前後で疲れが取れるのでしたら、安いものだと思います。

 

私の意見ですが、安いものから試すよりも高いものから試した方が効果を体感しやすいと思います。安いものから始めると、悪い結果が出た場合、本当の効果を確かめる前に使わなくなってしまうからです。もちろん10倍も価格差がある場合は別ですが......。

 

勿体ないです。1つの商品がダメだからといって、すべての樹液シートを否定してしまうリスクは避けた方が良いでしょう。
まずは高いものから試してみて、効果を確認します。
次に、安いものを試します。効果があったら、何も高いものを買う必要はありません。リーズナブルなものを使えばOK。

 

関連サイト

>>足裏樹液シートボタニリッチ


TOPへ